グッド引越センターにてお引越し

 

グッド引越センターにて引越しをし、無事に新居で生活が送れるようになりました。

 

引越しを一通りやって思ったのは、引越しは荷造りよりも荷解きが大変ですので、可能な限り、引越し後どの部屋に何をしまうかを考えてから荷造りしておくと後から楽だということです。

 

荷造り用の段ボールの見やすい所に、どの部屋に搬入してもらいたいかを書いておくと引越しスタッフの方も運びやすいし、後から重たい段ボールを移動しなくても良いので助かります。

 

小さな子供さんがいらっしゃる方は、小さな掃除道具を用意してあげる等、大人と同じ物を使わせてあげると喜んでお手伝いしてくれると思います。

 

親としては手際よく終わらせたいので面倒ですし時間は掛かりますが(笑)、思い出作りのひとつとして一緒にさせてあげて下さい。

 

私の息子(当時2歳)は今でも引越しの事を覚えています。

 

一緒にさせてもらえた事がとても嬉しかったようです。

 

 

 

グッド引越センターの前に頼んだ業者について

 

グッド引越センターの引越し料金が【最大半額】まで安くなる!?

 

見積もりの際に、荷造り用の段ボールの数を決めなくてはなりませんでした。

 

そう言われても私達は必要数がわからず、来て頂いた担当の方に相談すると
「足りなければお電話頂ければまた持ってきますので」
とのことで、とりあえずこれくらいかなとアドバイス通りの数をお願いしていました。

 

しかし、いざ荷造りを始めると足りそうになかったので、言われた通り電話を掛けたところ、すごく迷惑そうな対応…。

 

結局渋々段ボールは持ってきて頂けたのですが、その対応にどうしても納得がいかず、引越し完了後のアンケートに不満を書き綴ってしまいました。
忙しかっただけかもしれませんが、自分が提案した内容なので快い対応をして頂きたかったです。

 

引越し当日の搬入スタッフさん達はとても感じが良く、テキパキと動いて下さっただけに営業の方の対応が余計に残念に思いました。

 

 

引越し後の挨拶ってタイミングが難しいですよね

 

うちはマンション住まいなのですが小さい子どもがいるため、どうしてもドタバタと走り回ってしまったり夜泣きをしたり日夜問わず騒音を出してしまいます。

 

下の階の方は子どもなしの若いご夫婦なのですが、あまり昼間はいらっしゃらないようで、出産後に数回、ご挨拶に行きましたがなかなか会うことはできませんでした。

 

子どもが1歳になるまで顔も知らないまま過ごしていたのですが、3ヶ月ほど前にご主人の方とロビーでばったり出くわしました。

 

顔を拝見したことはなかったのですが郵便受けを開けていることから下の階の住人だと分かりました。

 

咄嗟に挨拶をしましたが、相手は子どもを抱っこしてるわたしを見ると、ため息を吐いて黙って行ってしまいました。

 

その後、クリスマスシーズンにちょうど主人が会社で配られていたチキンの商品券をたくさん持って帰ってきたので、
その商品券と気持ちのお菓子を持参してご近所に「子どもがうるさくしてご迷惑をおかけしております。」と挨拶へ行きました。

 

下の階の方は3回くらい訪問しましたが、奥様がいらっしゃってようやくお話をすることが出来ました。

 

今まで挨拶が出来ていなかったことで少しモヤモヤしていましたが、奥様も「全然気にしないでくださいね」と言ってくださり、多少は安心することが出来ました。

 

こちらももちろん気を配っているつもりではありますが、集団住宅に住んでいる限り、最低限の挨拶だけはしておいた方が良いな、と実感した出来事です。